●リースできる物件
原則的に、償却資産である動産をすべて対象とします。

●リース期間

普通2年から8年までを原則としますが、ご相談のうえ決定します。
なお、リース期間中は解約できません。
《リース期間設定例》
法定耐用
年数(年)
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
リース期
間(年)
2
3
4
4
5
6
6
6
7
7
8

●リース料のお支払い
第1回リース料は、リース開始時にお支払い願います。第2回以降のリース料のお支払いは、預金口座自動振替制度でお願いいたします。
(ご要望があれば、約束手形一括払い・普通振込みの方法をとることもできます。)

●保証・アフターサービス

購入したときと同じように、サプライヤー(メーカー、ディーラー)から直接受けていただきます。

●再リース

リース期間終了後は、引き続いて割引料金(1/10程度)で再リースされるか、物件をお返しいただくかを、ご自由にお選びください。

●リース物件の保険

リース物件には動産総合保険を付保します。なお、地震、噴火、台風・暴風雨・豪雨などによる水災等によって生じた損害は、保険金支払いの対象になりません。
(※ただし、コンピュータ関連機器は、風水害による損害についても保険支払いの対象となります。)

●公租公課

・固定資産税…とりぎんリースが納税いたします。
・消費税…消費税額をリース料に付加して、とりぎんリースにお支払いいただきます。
・その他…物件によって特別な公租公課が課せられる場合には、とりぎんリースに別途お支払いいただきます。

●システム
システム図

●対象物件(対象債権)
 一般設備機器

●対象物件の所有権

 とりぎんリース

●契約期間の設定

 対象物件の法定耐用年数の70%で計算した年数以上(ただし法定耐用年数が10年以上の場合は60%で計算した年数以上)

●契約期間終了後

 再リースまたは物件をとりぎんリースに返還

●保険手続き

 とりぎんリース

●固定資産税納付
 とりぎんリース